コンドロイチンは神経痛患者の膝などの軟骨部分に

コンドロイチンサプリに効果はあるの?

コンドロイチンサプリは、ムコ多糖類の一種で軟骨の成分を補い、膝の関節痛を和らげる効果があるとうたって販売されています。

実際の効果はどうなのでしょうか。

今ではドラッグストアーから通販に至るまで、コンドロイチンサプリはどこでも手に入ります。

しかし、あくまでも健康食品です。

実際に医療現場で膝の関節痛の患者に対して処方する医師はとても少ないです。

確かに効果が有るという論文も出てますが、まだまだ科学的根拠がはっきりしていません。

コンドロイチンは医薬品としては、神経痛患者の膝などの軟骨部分に直接注射する注射薬のみとなっております。

医療現場では、サプリのように口から摂ったところで、体内で分解されてしまうと考えられてます。

特に膝などの軟骨の部分の血管は細いため、経口摂取のサプリの効果は期待出来ないとされています。

医薬品とまでは認められてないのが現状なようです。

コンドロイチンサプリに副作用はある?

関節痛、特に膝関節の痛みに効いて、症状を和らげる働きがあるコンドロイチンは人間や動物の体内に、自然に最初から存在している成分です。

ですから、コンドロイチンサプリなどの健康補助食品やコンドロイチンを含む医薬品を服用しても基本的には副作用などは起こりません。

なんと言っても、体内に最初からある物質なわけで、それをサプリで摂取したからといって異常が出ないのもうなずけますよね。

ただ、それは用法、用量を守っていれば、の話です。

やはり、極端な飲み方などをしたら、さすがになんだかの症状、副作用は出るということです。

たとえば、一度に大量にコンドロイチンサプリを摂取すると、場合によっては下痢や胃痛が起こる方もいるということなので、気をつけたいですね。

コンドロイチンサプリの飲み過ぎは危険?

膝関節の痛みを和らげてくれる効果で知れ渡るようになった、コンドロイチン。

もともと、コンドロイチンは人間の体内にある成分なので、コンドロイチンサプリなどで継続的に、用法、用量を守って摂取している分には副作用などは起こらないと言われています。

自然に体内にもとからある成分ですので、基本的に安全と考えていいでしょう。

ただ、余りにも偏った服用の仕方をすると、副作用が出ることもあるらしいです。

たとえば、大量のコンドロイチンサプリをいっぺんに飲んでしまった場合などは体内の消化器系になんだかの症状が出ることがある、ということです。

それは、吐き気を催す、胃が痛くなってしまう、といったような症状です。

ですから、飲み過ぎには十分注意したほうがいいです。

コンドロイチンサプリを飲むタイミングはいつがいい?

コンドロイチンサプリは成分の吸収率が高いので、体内に残りにくい特徴があります。

ですので、コンドロイチンサプリを飲む場合は、この特徴を活かす事が大切です。

コンドロイチンサプリは朝・昼・夜など何回かに分けて飲みましょう。

そうれすば、成分が長く体内に保たれるようになるだけではなく、胃腸への負担を軽減できます。

飲むタイミングは、吸収率の事を考えると食後よりも食前の方が良いでしょう。

ですが、胃腸が弱い人の場合は注意が必要です。

なぜかと言うと、胃腸が弱い人が食前に飲むと胃腸に負担がかかる場合があるからです。

ですので、胃腸が弱い人は食後に飲むのが良いでしょう。

コンドロイチンサプリを飲む時は、水かぬるま湯で飲む事が大切です。

お茶やコーヒーで飲むと、成分の吸収を妨げてしまうので気を付けないといけません。